日本に、
世界でいちばん
価値のある空をつくる。
土地をお持ちの方へ
scroll
|
空をシェアするプラットフォーム
空の所有者と、ドローンユーザーをつなぎ、
空撮や、練習するための空を
シェアするプラットフォーム。
ドローンユーザーは、
今まで飛ばせなかった空が利用可能に。
また、自分の持っている空を登録すれば、
あたらしい資産として運用できます。
空一覧へ
空に道をつくるプロジェクト
点在している空の権利を
つなぎ合わせることで、
空に道をつくるプロジェクト。
まずは、物流や点検、警備
などの用途に向けて動きはじめ、
すでにいくつかの街で開通しています。
つくば
下関
Coming Soon...
つくばプロジェクト
つくば市の、革新的な技術やアイデアで社会課題を解決するプロジェクトにsora:shareが採択されました。
持続可能なドローン社会を実現させるべく、スマートシティの足掛かりとなるプロジェクトです。
下関プロジェクト
高齢化が進む山口県下関市の豊田町で、現地の買い物難民の方々に向け商品配送を行うプロジェクト。
市や森林組合の協力により実現した全長3kmの道で、ドローン物流の実用性を実証することができました。
our vision
わたしたちのビジョン
日本に、
世界でいちばん
価値のある空をつくる。
ドローン配達サービスの開始。
ドローン移動の実用化。
世界ではすでに、ドローンを当たり前のように使う時代がはじまっている。

しかし、問題は山積みだ。
ドローンの制御システムはもちろん、法律、安全性、物流システム、事故対応。

そこで、私たちが目をつけたのは空の交通整理。
個人や、企業、国が持つ膨大な空中権を一括管理することで、
国、自治体、不動産、物流、保険、情報、エンターテイメント、
すべての業界に対してフェアな空をつくっていく。

日本は、平和の大切さを知っている国。
だからこそ、この国は空の先進国になれる。
私たちはそう信じている。

さぁ、上を向こう。
便利で、安全で、広くて青い。
そんな、うつくしい日本の空を、
あなたと一緒につくっていきたい。
空の権利とは
空の権利。それは、民法207条「土地の所有者の権利は、その上下に及ぶ」によって保証されている、
土地の所有者による空を利用する権利である。
例えば、電力会社が民間の土地上空に電線を通す際には、お金を支払っている。
これから、ドローンを用いた物流、移動が当たり前になり、何千台、何万台というドローンが空を行き交う時代。
空の権利を整理し、全ての人にとって幸せなドローン社会にしていくことが必要となっている。
ロゴ 共有ボタン
よく訪問される方へ
「ホーム画面に追加」することで読み込みが高速化し、よりスマートにsora:shareをご利用いただけます。
閉じる
吹き出し