空に道をかける
パートナーに
土地をお持ちの方、お持ちの土地の空を登録しませんか?
sora:shareに登録された空が繋がっていくことで、
ドローン配送や、空飛ぶクルマが行き交う世界を実現します。
空の登録をはじめる
まずは、お気軽にお問い合わせください。
担当者よりご案内をお送りいたします。
空も所有していることを
ご存知ですか?
土地をお持ちの方、空にも所有権が
あることをご存知でしょうか。
実はその存在は法律にて定義されています。
民法207条「土地の所有権は、
法令の制限内において、その土地の上下に及ぶ。」
具体的には、航空法の存在により上空300mまで、
土地の所有者の権利が及びます。
土地所有者の皆さん、sora:shareを通じて
空の活用をはじめてみませんか?
Land owner entry  minpou xs
sora:shareの仕組み
土地所有者は「sora:share」に土地(=空)を登録、
ドローンユーザーは「sora:share」に登録された
土地を選択し、飛行する権利を得ます。
現在の主な用途としては、ドローンの飛行練習と
空撮、実証実験です。いずれは物流などの
定期運行にも利用されていきます。
その対価として、使用料を
土地所有者へと支払う仕組みです。
Land owner entry  mechanism
sora:shareに空を登録する理由
1.副収入が手に入る
空をドローンユーザーに貸し出すことで、今まで収入にならなかった空から価値を生み出すことができます。
2.空の管理・運用
空を貸し出す日時、料金など、すべて自分で決めることができます。貸し出す際の立ち会いは不要です。また、空を登録することで上空の権利を明確化。無許可のドローン飛来を防ぎます。
3.費用は一切かかりません
登録料・維持費は一切頂いておりません。ドローンユーザーの利用料金から、手数料を引いた金額を収益としてお支払いします。オーナー様に請求することはありません。
4.観光資源としての活用
《自治体関係者の方》観光資源としてドローンユーザーに空を開放しませんか?佐賀県小城市など、すでに多くの自治体様から空を提供頂いた実績があります。
5.安心の保険制度
損保ジャパン日本興亜と共同で開発した保険制度「sora:share保険」により万が一の際も安心です。サービス加入時に自動的に保険加入となり、最大1億円を限度に賠償金額をカバー致します。
6.充実のサポート
ご不明な点がありましたら、お気軽にsora:shareサポートまでお問い合わせください。右上の「お問い合わせ」からご連絡頂くと、通常1営業日以内(土日祝除く)にご返信致します。
空を貸し出すまでの流れ
空の登録は以下のような流れになっています。
まずは土地の情報ついてお伺いした後、
スカイドメイン(空の名前)を命名して頂きます。
sora:shareに空を掲載して頂ける方は、
その後引き続き登録を進めてください。
スカイドメインの取得のみをして頂くことも可能です。
まずはお気軽にご登録ください。
Land owner flow  point
1
土地情報を入力
Land owner flow  point
2
スカイドメイン(空の名前)
を登録
※スカイドメインとは?
Land owner flow  point
3
空の掲載設定
掲載を開始すると、ドローンユーザが
利用可能になります。
Land owner flow  point
4
本人情報・決済情報入力
Land owner flow  point
5
登録完了
あなたの空をドローンユーザが
利用可能になります。
登録をはじめる
世界にひとつだけの名前
「スカイドメイン」
sora:shareを形成するコア概念「スカイドメイン」。
インターネット上の住所としてドメインがあるように、
空の住所として、スカイドメインがあります。
空間( 緯度・経度・高度) に対して名前を与え、
世界中の空を識別します。
詳しくはこちら
Top sky domain
導入・提携企業様
メディア掲載実績
導入・提携企業
Seino
Sompo
Aeronext
メディア掲載実績
Nhk
Sankei
Yomiuri
Nikkei
Kbc
Rkb
Love fm
Fbs
いますぐ登録